注文住宅の特徴

標準

注文住宅は最初から施主の意思を反映できる自由度の高い建築が魅力です。建築士、設計試算に住宅の設計を依頼し、その際、このような間取り、このような作りのキッチンと、自分と家族の意思を伝え反映する事が出来ます。

ハウスメーカーや建築会社に設計施工をまとめて依頼する事もできますし、建築士に依頼し、建築施工はまた別の会社に依頼するという事も可能です。注文住宅の最大の特徴は、建築基準などの法律の条件をクリアすれば、どんな間取りでも工法でも、どんな材料を利用しても、自由に選ぶことができるという点です。まさしく、自分だけの個性的な城を作る事だってできます。

但し、自由度が高い分迷ってしまい、建築設計が大幅に遅れるという事もありますし、ある程度、建築工法や資材、利用する照明器具などを理解し、勉強しておく必要も出てきます。希望通りの住宅が建築できるという事はいいことなのですが、理想を追っているととんでもない建築費用になっていることもありますし、逆に、安く仕上げることもできます。

元々持っている土地に建設するという事ならいいのですが、土地込みで注文住宅建築を考えるという事なら、土地から探す必要があるので、この点はデメリットといえます。いずれにしても、建築設計の方としっかり話し合い、長い目でスケジュールを組んでいくことになるでしょう。

分譲住宅とは

標準

住宅を建設するとなると、大きな費用が必要となりますし、計画性を持って住宅ローンを組む必要があります。でも夢のマイホームを持つことを実現できるように、みなさん頑張って貯蓄されています。高い家賃をずっと払い続けるのなら、同じくらいの住宅ローンを払って、自分のものになる方がいい、こう考えると、確かに家賃は帰ってこない無駄なお金……もし可能なら、ここから注文住宅など一戸建てを建設する事を考えてみましょう。

一戸建てを建てる、購入するという場合、注文住宅にするか、それとも既に建設されている分譲住宅を選ぶか、費用の差などを考慮し分譲住宅を選ぶ方も多いでしょう。でも、その前に、それぞれの違いを知っておくことが必要です。

分譲住宅はあらかじめ購入価格が決まっています。また間取り、設備、仕様なども決まっています。中にはキッチンのシンクなどをある一定の種類から選ぶことが出来たり、バスルームの色を選択できるという事もありますが、すでに建設されている場合、決められた仕様、間取りの住宅を購入することになります。

実物を見ることができるので家族が暮らすイメージが浮かびますし、費用が決まっていますので、住宅ローンをどう組むか、試算しやすいという事もあります。但し、隣近所と似たような家が並ぶという事もありますし、ありきたりの間取りになってしまう可能性もあります。すでに建築されている住宅なので、急ぎ引っ越しをしたいという場合でも対応できるというメリットがあります。

注文住宅を建てよう

標準

いつかきっと、自分のお城を建てるんだ、こう思っているのは今や、一家の大黒柱だけではなく、独身女性も考えているという事を聞き驚きでした。バリバリに働くキャリアウーマン、結婚したくないわけじゃないし、子供も欲しいと思っているけれど、建てられるときに狭く小さくても一戸建てを建てておけば、結婚した時売買する事も出来るし、家賃収入にもなる・・・と、本気で注文住宅の一戸建てを建設しようと考えている女性がいるという事にびっくりでした。

確かに家を建てるなら若い世代で計画する方が安心です。老後、年金生活になってもずっと住宅ローンがあるのでは生活に支障が出てきます。若い世代で頭金をしっかり作り、退職までに完了する住宅ローンを組めば、老後、住まいに苦労する事もなく、安心した生活ができます。案外女性の方が、思い切ったことを考えているのかもしれません。

家を購入するという事なら、分譲住宅しかないなという考え方から、どうせ建てるなら自分たちの理想がしっかり入った一戸建て、注文住宅がいいという考え方をお持ちの方が多くなっています。何千万もかかる建築費用ですが、注文住宅にしてちょっとの違いなら、一戸建てを建てるのですから、自由がきく注文住宅の方がいいだろうという考え方です。

注文住宅を建設するというと、分譲住宅を購入するよりもずっと大きな費用が掛かると思っていないでしょうか。実は、作り方によって、また利用する建材によって分譲住宅よりも安くなることもあるのです。当サイトは魅力一杯の一戸建てを注文住宅で建てる際に知っておきたい情報をお伝えします。夢のマイホーム購入をお考えの方のお力になれたら幸いです。