注文住宅の特徴

注文住宅は最初から施主の意思を反映できる自由度の高い建築が魅力です。建築士、設計試算に住宅の設計を依頼し、その際、このような間取り、このような作りのキッチンと、自分と家族の意思を伝え反映する事が出来ます。

ハウスメーカーや建築会社に設計施工をまとめて依頼する事もできますし、建築士に依頼し、建築施工はまた別の会社に依頼するという事も可能です。注文住宅の最大の特徴は、建築基準などの法律の条件をクリアすれば、どんな間取りでも工法でも、どんな材料を利用しても、自由に選ぶことができるという点です。まさしく、自分だけの個性的な城を作る事だってできます。

但し、自由度が高い分迷ってしまい、建築設計が大幅に遅れるという事もありますし、ある程度、建築工法や資材、利用する照明器具などを理解し、勉強しておく必要も出てきます。希望通りの住宅が建築できるという事はいいことなのですが、理想を追っているととんでもない建築費用になっていることもありますし、逆に、安く仕上げることもできます。

元々持っている土地に建設するという事ならいいのですが、土地込みで注文住宅建築を考えるという事なら、土地から探す必要があるので、この点はデメリットといえます。いずれにしても、建築設計の方としっかり話し合い、長い目でスケジュールを組んでいくことになるでしょう。